キャンプ場の選び方

上手に火を起こすテクニック

キャンプで上手に火を起こすテクニックは、まず、うちわ、新聞紙数枚、落ち葉、木屑、乾燥したマツボックリなどを用意します。

 

細い枝と中くらいの枝を適量使用するのがコツで、木を切ったり折ったりしてはいけません。

 

キャンプで火を起こす時は、地面をよく確認することです。

 

地面が湿っている時は薪を何枚か地面に敷きます。

 

そうすれば地面が湿っていても火が起こしやすくなります。

 

そして新聞紙を用意して、小さく丸めて着火します。

 

新聞紙を薪と同じくらいの長さの棒状にしておき、軽く絞っておくとよいでしょう。

 

丸めずに着火すると、一瞬で燃えるので種火にならず、風が強い場合、飛んでいくので危険です。

 

その後、もう一枚の新聞紙をくしゃくしゃにして火床にした薪の上に置き、牛乳パックを適当に切ったものをのせればより燃えやすくなります。

 

そして、小さな木くずを着火した新聞紙にのせ、火をどんどん広げていきます。

 

空気が上手く通るようにして、数本の薪を組み立て、薪に火が移るまで待ち、薪を随時大きくて太いものにかえていきます。

 

いち早く着火させたい場合は、着火剤を置くといいでしょう。